クレジットカードの使用金額限度について

皆さんはクレジットカードを利用したことが人生で少なくとも1度はあると思います。でも、説明を聞いていない人はクレジットカードで1か月あたりいくらまで使えるのかがわからない人がもしかしたらいるかもしれません。実際にクレジットカードの使用金額限度はカード会社によって多少違ってきますが、標準的なクレジットカードつまりは一般会員で、使用限度が10万~20万と言われています。会社によっては最初が10万に設定されていて、カードの使用状況も含め信用があると判断されたら、使用限度は20万、50万とだんだん上がっていきます。これはクレジットカードを使うだけ使って踏み倒す行為を防いでいる背景も考慮してのことであると考えています。私は自分の生活水準以上の買い物はしないので、そこまで極端に使いませんが、クレジットカードはないと困ることもあるのでそういった面では必要不可欠であると考えます。

クレジットカードを選ぶ

皆さんはクレジットカードを持つ時に、どのようなクレジットカードの選び方をしているでしょうか。金額面やポイントなどといったもので少しでもお得にしようということばかりを考えてしまっている人が多いはずです。実際に中にはクレジットカードであるスーパーマーケットにて買い物をするだけで、金額を全て3%オフにしてくれるという魅力的なサービスがある所もあります。
しかしこれは盲点だと思います。クレジットカードの選び方において一番重視しなければならないものは、安全性なのです。現代のクレジットカードには様々な危険性があります。落としてしまうと危険なことは言うまでもありませんが、実は持っているだけでも危険です。特殊な機械で財布の中にあるクレジットカードであっても情報をスキミングされてしまう可能性があります。そして何よりもインターネットでクレジットカードを使った決済をしている人が一番危険です。いつ悪い人に情報を抜き取られて悪用されるかわからないため本当に危険です。
そのためクレジットカードを選ぶ時には、ここまで述べてきたようなクレジットカードに関する危険性をカバーしてくれるかどうかを重視するべきなのです。クレジットカードに関するトラブルの保証をしっかりと行ってくれるクレジットカードを選ぶことが、救いようのないトラブルを回避する秘訣なのです。

クレジットカードで買い物を良くする人は。

クレジットカードで買い物を良くする人はやはり通販でも使えるカードが良いものです。楽天などは溜まったポイントで買い物ができたりするので便利なのです。このようなカードを持っていると知らず知らずにポイントが溜まっているので溜まったポイントで買い物をして商品を替えると良いでしょう。このように通販でもつかえるようになるクレジットカードがあると良いでしょう、またポイントの期限など気をつけるべきだと思います。せっかく溜まったポイントは1ポイントでも無駄にしたくはないものです、期限などがある場合は早めに消化して使いきりましょう。またクレジットカードにはポイントを延長できるのもありますので延長できるものは延長してたくさんためましょう。

会員特典を活用しましょう

クレジットカードは一枚あれば本当は十分役に立ちます。複数枚持つとお財布もかさばるし管理も大変です。お金も引き落としがバラバラになってしまいます。それでも持つ価値のあるクレジットカードとは、会員特典があるものです。例えば提示するだけでお店の駐車場が無料になったり、5%ほどの割引を受けることが出来たり、ポイントがたまったり、キャンペーンごとにプレゼントをもらったり。その特典利用が年会費を上回るのであれば、ぜひそのクレジットカードを持つべきです。逆に年会費が無料なのであれば、持っていて損はありません。無駄遣いだけしないように意識していれば、数ある特典を永遠に受け取ることが出来るので、きっとプラスになるはずです。

高額請求に、ヒヤッと!でもお得

クレジットカードはとても便利でいいのですが、たまにヒヤッとすることがあります。電気代や携帯料金、ネットの使用料金など全部まとめてカード払いにしていて、買い物でも基本的にカード払いなため、思わぬ高額請求に肝が冷えることがたまにあります。翌月払いなため、思わぬ高額請求があった月は残りの数日からもやしや値引き商品をふんだんに使った食事で、娯楽も控えてつつましく生活します。そんな高額請求のおかげでたまったポイントを商品券に変え、商品券を換金して旅行に行ったり、おいしいものを食べることができたりするので、たた高額を支払うだけよりも何倍もお得だと思います。カードを持っていない人は、高額請求にびっくりすることばかり心配しますが、お得な一面があることも知ってほしいです。

クレジットカードを頻繁に使う人のカード選び

大人ならクレジットカードは持っておきたいものですが、クレジットカードは沢山の種類が発行されています。年会費や付帯しているサービスで選ぶ事も大切ではありますが、普段からカードで支払いを行う回数が多い人はポイントでカードを選ぶとよいでしょう。実はどのカードでもポイントのたまりやすさが同じという事はありません。ほとんどのカードは0.5%~3%程度の範囲で還元されるようになっています。しかし、特定のショップで購入をした場合に限って10%も還元してくれるカードも存在しています。0.5%と10%の還元では年間だとどれほどの差になるでしょうか?カードをよく利用する人にとっては年会費程度は簡単に覆るポイントになっているはずです。場合によってはセカンドカードを持つような選択もありかもしれません。

ゴールドカードと還元率について

以前作ったゴールドカードは、年会費が1万円ほどかかるので、やめたいとは思うのですが、何となくステイタスのような気がしてついつい持ち続けています。そのカードは百貨店系のものなので、都内の百貨店の駐車料金が無料になるサービスがあったのですが、それも廃止になってしまい、もともと還元率が悪いカードなので、あまり持っているメリットが無くなってしまいました。クレジットカードはどの会社もどんどん特典が減ったり還元率が低くなる傾向にあるので、還元率が高いカード一枚にまとめたいと考えています。公共料金やプロバイダー料金などもクレジットカードで支払っていますが、なるべく還元率が高いカードにまとめれば、年間でかなりお得になりそうです。

楽天カードのお知らせメールは安心です。

楽天カードは、年会費が2年目以降も無料なだけでなく、5000円以上の楽天ポイントがついてくるキャンペーンが行われています。またアルバイトや年金受給者の申し込みも可能になっています。また楽天市場での買い物がお得になるだけでなく、楽天カード限定のキャンペーンが行われている点も魅力的です。楽天市場でよく買い物する人にはおすすめのクレジットカードです。楽天カードのポイントは楽天市場以外でも高還元率なので、色々なところでザクザクポイントが貯まります。楽天カードを利用したら、カードの利用をメールで知らせてくれる機能も付いています。毎回メールが来るのは正直うっとうしいときもありますが、失くしたときや不正利用を考えると怖いので、私はこの機能を気に入っています。

クレジットカードのポイントサービスを見逃すな!

クレジットカードなんてどれも同じに見えますが、実は知らないと損することがあります。それがポイントサービスです。100円の買い物で1円相当のポイントがもらえたりするサービスです。これを貯めて景品交換したり、通販サイトで使ったり、現金化したりして使います。このポイントがバカにはできません。平均的なポイントサービスは100円で0.5~1ポイントが付きます。これをポイント還元率といいますがこの場合は還元率は0.5%~1%ということになります。今の大手銀行の利率が0.001%とほとんど利息なしの時代に1%は大きいですよね。中には1.5%という優れものもあります。公共料金や携帯代や日常の買い物もできるだけカードを使ってポイントを稼ぐことで消費税のアップのいくらかはカバーできますよ。

クレジットカードは適正な限度額で利用すれば安心

クレジットカードに苦手意識を持っている方の中には、お金の管理が難しくなることを危惧している方もいると思います。クレジットカードを利用することで現金を使わずに買い物が出来るというメリットがありますが、現金を使わないせいでつい無駄遣いをしてしまう可能性も否定はできなくなります。しかし、限度額を小さくしておけば必要以上にクレジットカードで買い物をしてしまう恐れはなくなります。クレジットカードの限度額は発行時の審査で意外と大きく設定されるケースも多いですが、必要に応じて引き下げてもらうことも可能になっています。一般的に、クレジットカードの限度額を増額してもらう際には再度審査が行われる為、少々ハードルが高いと言われています。しかし、減額の場合は簡単に手続きを行う事が出来ます。実際にクレジットカードの用途に合わせ、各々に合った限度額にしてもらっておけば、クレジットカードを持っていても使い過ぎる心配はありません。