ショッピング好きな女性に魅力が大きい流通系のクレジットカード

クレジットカードには銀行系や信販系、流通系、交通系、メーカー系などがあります。このうちショッピングが好きな女性におすすめなのが流通系です。流通系のクレジットカードは百貨店やデパート、コンビニなど小売業の会社、もしくはグループ会社が発行しています。発行している会社のお店でショッピングすると割引されたり、お得なポイントが付くと言うのが特徴です。良くショッピングするお店の会社で発行しているクレジットカードを作成しておくとオトクです。ショッピングに利用して貰い売り上げを伸ばそうと考えているため、他の銀行系などのクレジットカードと比べると入会審査に通り易いと言うメリットもあります。他の信販系や交通系などのクレジットカードと比べると年会費がオトクと言う点も魅力です。

我が家のクレジットカードの使用方法

30代の男性会社員です。水道光熱費や保険、携帯、食費などに関しては家族共通のVISAカードを使用しています。月々の使用金額は10万以上を超えてきますのでポイントが貯まりやすく、貯まったポイントは商品券などに使用して買い物や旅行費用に充てています。また、私個人的にJCBカードを保有しています。出張時や急な出費の際に非常に重宝できます。小遣い制の貧乏サラリーマンですが、接待や飛行機等交通費の立て替えでお金が必要になりますのでクレジットカードは無くてはなりません。これまでの人生で最も高額なカードの支払いは結婚式の費用で一時的に限度額を上げて300万円以上を支払いしました。ポイントもしっかり貯まりましたが、妻に全て吸収されてしまいました。

最も高額な年会費のクレジットカードとは?

クレジットカードは年会費が無料のものも多いですが、中には驚くほど高額な年会費がかかるクレジットカードも存在します。高額な年会費がかかるものは、ブラックカードの場合がほとんどです。例えば年会費が基本無料の楽天カードも、楽天ブラックカードとなると年会費が3万円もかかってしまうわけです。といってもこれはブラックカードの中では最も安い年会費であり、JCBは5万円、ダイナスは10万円、SBIワールドカードに至っては年額15万円もかかってしまいます。そして、これより更に上を行く年会費ナンバーワンのカードが、アメックスセンチュリオンカードです。これは年額35万円と私達庶民には絶対に手を出せない金額が設定されています。しかし、このカードを手に入れれば、その高い年会費に見合うような隅々まで行き届いたサービスと特典が提供されるのです。

イオンに行くなら持っておきたいカード

お住まいの近くにイオンモール、またイオンがある方に是非オススメしたいのはイオンカードセレクトです。・クレジット機能・イオンバンクのキャッシュカード機能・電子マネーWAONの機能が一体化したカードです。カード会員のうれしい特典として、「カード会員様感謝デー」という企画を毎月20日と30日に実施しています。・その日はカードを見せるだけで全品5%OFF・30日限定の会員様だけの特別価格(カード払いに限る)感謝デー以外にも・カードでの買い物が5%~10%引きになるパスポート配布などなど、イオンでお買い物したくなるようなカードです。特に注目は30日限定の特別価格で、話題の商品や家電がすごく安いのです。数量限定の商品はネットで調べた最安値よりも安い場合があります!入会費、盗難補償料も無料、WAONカードの特典も絡んでくる、持っていて損のないカードです。

クレジットカードの空港ラウンジサービスについて

クレジットカードを利用するといろいろな付帯サービスを受けることができますが、その中の一つに空港ラウンジサービスがあります。これは空港ラウンジを無料で使用できるもので、プラチナカードやゴールドカードの持っていると利用できることが多いです。そこで空港ラウンジサービスにどのようなものがあるのかというとまず高級なソファーでくつろげます。次に仕事ができる机が設置してあるビジネススペースも利用できます。飛行機を利用して遠方に出張する人などには最適のサービスです。それからドリンクバーの飲み放題も利用できます。飛行機の待ち時間などではのどが渇くことも多いので、便利なサービスだと言えるでしょう。その他お菓子を食べたり、ビールを飲んだりすることも可能です。

クレジットカード作成のハードルは高いのか

以前と比べるとクレジットカード作成のハードルが上がったなんて話を聞きますが、でも基本的に金融事故などを起こしていない普通に生活をされている方なら、そんなに作るのが難しいというわけじゃないと思います。ちゃんと働いていて一定の収入があれば審査は大抵通るものですから、クレジットカードイコール手に入れるのが大変と思っているのは間違いだと思います。もちろんランクの高いとされているクレジットカードを最初から入手するのは困難かもしれませんが、ベーシックなカードから始めて徐々に信用を高め、そしてカードのランクアップを目指していけば良いと思うんです。社会人ともなればクレジットカードの一枚は持っておかないと不便ですので、是非とも作ってみてください。

支払いはクレジットカードでポイントゲット

ある時、オンラインの買い物の支払いにしか使っていなかったクレジットカードを、ある程度まとまった額の支払いに使ったところ、結構なポイントが貯まりました。ポイント還元率は0.5%のごく普通のカードで、年会費もかかるし、特にお得なことはないカードなのであまり使っておらず、ポイントはずっと使わずじまい。順次有効期限が切れて消えていたのですが、ちょうどその頃nanacoを持ったのでポイントを交換してみました。1ポイントがnanacoで3ポイントになるので、コンビニで何度か買い物するくらいの金額になりました。どうせ支払うものならカードで払ってポイントを貯めたほうが得なので、今では各種支払いをカードに切り替えて、suicaやnanacoにポイントを交換して使っています。

高額な買い物はクレジットカードを使う

高額な買い物をする時はクレジットカードが便利です。ポイントがかなり付くので、買い物の他にもポイントでほしい商品と交換できます。ポイントは交換の有効期限があるものもあり、気を付けていないと自然に消滅してしまうこともあります。私はそれを防ぐためにも、ポイントのチェックをこまめに行い、交換したい商品までポイントが貯まったら、すぐに交換するようにしています。また、カードのポイントが貯まらない時は、ポイントを寄付するようにしています。寄付の方がポイント数は少ないですし、社会貢献にもなり、ポイントを捨てるよりも利用価値はあると思います。便利なクレジットカードですが、紛失には十分に注意して、今必要でないカードは持ち歩かないようにしたほうが安全かもしれません。

クレジットカードの使用金額限度について

皆さんはクレジットカードを利用したことが人生で少なくとも1度はあると思います。でも、説明を聞いていない人はクレジットカードで1か月あたりいくらまで使えるのかがわからない人がもしかしたらいるかもしれません。実際にクレジットカードの使用金額限度はカード会社によって多少違ってきますが、標準的なクレジットカードつまりは一般会員で、使用限度が10万~20万と言われています。会社によっては最初が10万に設定されていて、カードの使用状況も含め信用があると判断されたら、使用限度は20万、50万とだんだん上がっていきます。これはクレジットカードを使うだけ使って踏み倒す行為を防いでいる背景も考慮してのことであると考えています。私は自分の生活水準以上の買い物はしないので、そこまで極端に使いませんが、クレジットカードはないと困ることもあるのでそういった面では必要不可欠であると考えます。

クレジットカードを選ぶ

皆さんはクレジットカードを持つ時に、どのようなクレジットカードの選び方をしているでしょうか。金額面やポイントなどといったもので少しでもお得にしようということばかりを考えてしまっている人が多いはずです。実際に中にはクレジットカードであるスーパーマーケットにて買い物をするだけで、金額を全て3%オフにしてくれるという魅力的なサービスがある所もあります。
しかしこれは盲点だと思います。クレジットカードの選び方において一番重視しなければならないものは、安全性なのです。現代のクレジットカードには様々な危険性があります。落としてしまうと危険なことは言うまでもありませんが、実は持っているだけでも危険です。特殊な機械で財布の中にあるクレジットカードであっても情報をスキミングされてしまう可能性があります。そして何よりもインターネットでクレジットカードを使った決済をしている人が一番危険です。いつ悪い人に情報を抜き取られて悪用されるかわからないため本当に危険です。
そのためクレジットカードを選ぶ時には、ここまで述べてきたようなクレジットカードに関する危険性をカバーしてくれるかどうかを重視するべきなのです。クレジットカードに関するトラブルの保証をしっかりと行ってくれるクレジットカードを選ぶことが、救いようのないトラブルを回避する秘訣なのです。